ブログ

先日、ある会員様が「もっと早く若い時に結婚相談所に入っておけば良かったと後悔してるんですよ。せめてあと数年早く入ってれば…」と言われていました。

良い方と出会えるかどうかはご縁なので、早ければ(若ければ)絶対いいとは一概には言えないのですが、結婚相談所は普通に暮らしていても決して接点をもつことができない非常に多くの方と接点をもつことができるのは確かなので、結婚相談所をうまく利用されるのはとても良いと思います。

結婚相談所というと、何となく敷居が高いように感じる方もいらっしゃいますが、私の加盟している連盟では東京都・神奈川県だけで1万名近い方々が現在入会されており、下記記事のように結婚の手段として結婚相談所を利用するのは当たり前になってきています。

【東洋経済online 2019.9記事抜粋】リクルートブライダル総研が発表した「婚活実態調査2019」を見ると、2018年に結婚した方たちの中で、婚活サービス(結婚相談所、ネット系婚活サービス、婚活パーティ・イベント)を利用して結婚した人は約8人に1人でした。これは2000年以降、過去最高の数字となり、まさに手法として婚活サービスの利用が主流になって受け入れられていることがよくわかるのではないでしょうか。彼らの祖父母・親世代で主流だった「お見合い」のように第三者が介入する婚活手段を、改めて選択しているのです。

尚、前述の会員さんは、現在、良い方と出会えて、ハッピーでいらっしゃいます♪

お気軽にご相談・ご連絡くださいませ。出張でのカウンセリングも承っております。

  • 080-7806-5518
  • お電話受付時間
    9:00~21:00(年中無休)